Aquatanker

初心者なのに大磯と砂水槽のアクアリウム日誌。エレファントノーズの記録etc.

大磯砂の酸処理(クエン酸)

大磯砂の酸処理開始。。
ネットで方法を調べたところ、酢・塩酸・クエン酸などを使うらしいけれど、
安くて臭くなくて危なくないクエン酸を使うことにした。

取り出した大磯をバケツに入れ、その上2~3cmまでに水を張る。
そこへ100円shopキャンドゥで購入したクエン酸を投入。

100gで100円。ダイソーには200g100円のがあるらしい。

大(10lバケツ)に150gぐらい、小(4lバケツ)に50gぐらい投入して混ぜる。(目分量)

黄色とカーキ色の中間のような色。
しばらくすると砂利の中から2~3秒に一度ぐらいでぽこぽこと時々泡がでるようになった。

時々かき混ぜながらそのまま放置。
泡は2日ほどででなくなった。
さらに1.5日ほど放置すると砂利の中に白い粉や塊がでてきた。
この塊はクエン酸カルシウムの結晶とのこと。
難水溶性らしいけれど、取り除くことを推奨したHPが多い。

ちなみにこの時点でpH測定したところ、4.5。
全然pHが中和されず上がってない。
・・・・クエン酸が多すぎたってことですかね。

白い点々が全部その結晶。

いや・・・何個かとりだしたけど、無理、面倒すぎ;

この塊のほかにも、粉のように砂利の底に白いものがたまっている。
これもたぶん結晶。
とりだすのはあきらめて、砂利をかき混ぜたりすりあわせたりしながら洗い、
結晶の塊を粉々にして水と一緒に洗い流すことにした。

最初は米のとぎ汁みたいだったすすぎ水がきれいになるまでひたすら洗浄。
10回以上洗ったと思う・・・
バケツ14l分の砂利洗いはきつい!!

洗浄後、バケツに水をいれて放置する。

1日後、pHは5.5ぐらいとまだ酸性になってしまっていたので
水をとりかえてさらに放置。
もう1日たったらpH7.0で落ち着くようになった。

晴れて酸処理終了です。
砂利摘出と砂利洗浄の連続で腰が痛すぎる。

クエン酸でも1週間ぐらいつけたほうがいいと書いてあるHPが多かったけど
大磯の粒が小さかったためか(チャームで買ったプレミアム大磯)3~4日で終わりました。

さて、これを水槽にもどさねば・・・・

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。