Aquatanker

初心者なのに大磯と砂水槽のアクアリウム日誌。エレファントノーズの記録etc.

水槽がガッチガチです

型どおりの初心者の過ちによって汚水気味になってしまった水槽。

水質検査薬を買ってあったので出してきた。


テトラの6in1試験紙とセラのpH測定薬。
テトラの試験紙がpHの値がいいかげんだというのでpHだけ別に買ってみた。
pHが一番はかりそう。

買った当初(数日前)に図ったらpH7.5ぐらいだった↓

やっぱり未処理大磯だとpH高くなるのは本当。
ほかはGH(総硬度)4、KH(炭酸塩硬度)6、NO2・NO3ほとんどなし。
ちょっとpH高めだったものの特に大きな問題はなかったはずだ。

再検査することにした。

テトラの試験紙投入。

・・・・・・・。塩素なし、NO2・NO3は検出ほとんどなし。よしよし。
pH7.5ぐらい?あまり変わらないな。
GH・KH・・・・・・・・・・・・・・????なんだこの色?

GH・KH 20(以上)!? 

・・・・・・・・・・・・これはまずい。多分まずいぞ。

たぶん、超富栄養状態にCO2を添加しまくったから
硝酸塩が大量にできて大磯のCaを溶かしまくってるのか、と想像。
硝酸塩が検出されないのはCaとくっついてるから・・・・・?
化学苦手だった自分にはこれ以上は脳味噌がストライキ。

さらに、GH・KHの硬度が上がると水草は窒素やカリウムを栄養として吸収できなくなるらしい。

硬度上がる→水草吸収不良→窒素・リンetc余りまくり→もっと富栄養→Caとけまくり
・・・・・・こういうこと?

にっちもさっちもいかない予感がしてきたぞ・・・・

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。