Aquatanker

初心者なのに大磯と砂水槽のアクアリウム日誌。エレファントノーズの記録etc.

大磯でいく

うちの60cm水槽は大磯砂をひいてある。

よくわからないまま敷いたので、当然、「未処理」
水で洗っただけ。酸処理とかしてません。

ソイルはなんだか自動水草育成機みたいで味気ないし、
貧乏性の私には使い捨てなんてその性質自体がもったいなさすぎて拒否反応。
どうやら大磯砂だと通水性もよくて、洗って何度でも使えるらしい。
まあなんてエコロジーでエコノミー。はい決まり。

「水草もさもさ育ててみたーい→弱酸性の水がgood」「大磯ドボン→アルカリまっしぐら」
・・・投入後に知りました。
水草もさもさ水槽を目指してCO2セットにまで手を出したというのに。

いや、諦めるのはまだ早い。
時間がたてば魚から出る有機物や亜硝酸塩などでpHに影響を与えなくなる、という話らしい。。。。

→魚飼いまくればOK??薬つっこめばOK??

たちあげちゃったものはしょうがないのでこのまま悪あがきを気が滅入るまで続けることにケテーイ。

そしてろくに何も対策をせず一ヶ月ほど経過した前景がコレ↓

orz。

ウォーターローンが臨死、いや、瀕死。
奥のキューバパールはウォーターローンの惨状っぷりに嫌気が差して懲りずに買ってきたもの。
買ってきたばかりなのでまだキレイ;;

瀕死な理由はもう一つ。
もともと根が細い草で大磯で根が張れないのか(育ちが悪くて張る元気がないのか)、
魚&エビに年中ひっこぬかれて水面を漂ってる。
根競べのおうに植えなおしまくるが、毎日抜ける・・・

肥料やればいいのか?
大磯じゃ粒大きすぎ?
光量が足らない?
CO2が足らない?
そもそも草抜くような魚と育てるな?

・・・・・・・・理由が思い当たりすぎてわからない。
いや、もうこうなった意地でもソイルにしないで大磯で育てるぞ。
とりあえず今の水質を調べたりしたほうがよさそうだ・・・・・

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。